読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリースタイル

様々な雑記などで情報を発信

救急現場

救急現場のご紹介(..)


今回は、脳卒中の事案を紹介しますm(__)m


脳卒中とは 総称した呼び名で脳出血脳梗塞など脳の血管障害をまとめた呼び方です(+_+)


脳障害の判断材料として意識障害や呂律(ろれつ) 障害や麻痺所見や痙攣所見などを観察します(..)

会話が可能であれば問診としては頭痛の有無や嘔気
(おうき) や嘔吐の有無などを問診していきます。

頭痛に関しての問診一つでも、いつから、頭のどこが、どういう風に痛いのか、痛みに波があるのか、持続的に痛むのか、などを聞いていきます(+_+)

もし本人に意識障害などがあり本人から主訴がとれないのであれば、家族や友人など現場に居合わせた関係者から状況を聴取しますm(__)m


救急現場でよくある事ですが、独居(どっきょ ※独り身)の方で例えば近所の人が訪問時や宅配やさんが配達時や又は訪問看護師やヘルパーが訪問時、倒れているところを発見し救急要請って時は、本人が意識障害で話せないし、キーパーソン (重要情報人)がいないとなると、その傷病者に関する情報が少なくて大変です(+_+)

救急隊としては病院での治療方針に役立つために現場で少しでも多くの情報を寄せ集め医師に申し送りをすることが大切ですからね(^^)

ですから一人暮らしで家族もいなければ、近所の人をあたったりして最終健在時間(最後に普段通り元気であった時間)を抑えます(+_+)

発症時間は凄く大切です。

もし脳梗塞であれば発症から四時間半以内であれば
t-PAと呼ばれる血栓溶解療法の適応になる可能性があり梗塞し細胞が死滅する前に血流を再開し大事に至らなくなる可能性があるのです☺

ただし発症から四時間半といえど病院で診察や画像検査をする時間を一時間程考慮しないといけません。

発見時間ではなく最終健在時刻からカウントして救急車が現場につき脳梗塞に対応できる設備を有した脳外のある三次病院に搬送するまでに検査時間を考慮し、遅くとも目安として発症から三時間以内くらいまでには病院に到着しないといけないのです。

救急隊も迅速な対応のため場合によってはドクターヘリを現場付近に要請することもありますm(__)m


仮に脳出血であれば病院での治療として、降圧剤を投与したりで出血量をコントロールするように努め出血量が多いと手術の適応となるのでしょうが、現場では脳梗塞脳出血かの判断はできませんので、あくまで画像検査を通して梗塞部位の事実を認めたり、出血の事実を認めたりで確定診断に至りますm(__)m

服薬の問診の一つとして抗凝固薬(血液をさらさらにする薬)を服用しているか確認をとるのは大切ですねm(__)m
バイアスピリンやワーファリンが代表薬です😃

もし血液さらさらにする薬を飲んでいるのであれば心筋梗塞脳梗塞など血液塊である血栓の予防を目的とし 服薬している訳ですが逆に脳出血など外傷性の出血などで出血を助長させてしまうデメリットとなるのです(+_+)

脳疾患も詳しく話すと奥が深すぎる部門なので救急現場で抑えたいポイントと説明はこれにて終わります(^^)

閲覧ありがとうございました😄

芸能ニュースをみて感じること

 

連日、ニュースを見ると芸能人の不祥事などが報道され、その都度思うことがある。

 

公の人は何かと失態のあった際、叩かれる寂しさを感じるのだ。

 

叩けばホコリが出ると言わんばかりに一つの失態にこぎつけ、世間の風潮は非常に厳しい時代である。

 

報道外の事柄などをここぞと言わんばかりに、まつり挙げたり、拍車をかけるような言動を浴びせたり。

 

無論、悪いことをしたのであれば、それに対し反省する事や何かしらの形で償っていくことは必要であるが、第三者や、ましてや同じ業界や仲間らが掌を返すような発言をしていく場面をみることが少なくない、ご時世に寂しさを覚えることがある。

 

 

時代が厳しくなり互いを干渉しすぎるあまり、かばう勇気が欠落する傾向にあるのではないのかな?

 

もし養護したら、自分も的になってしまうのではないかと思わせるような風潮になって言う側に回ってしまっているのではないかと感じる。

 

ただ、表に出て発言する人は立派だと思う。

それがポシディブな意見でも、例えネガティブな意見であっても顔を見せ対面することに強さがあるから。

 

言論の自由」ってそういうものだと思う。

発信者が表舞台に立って、自分の言葉にも責任を背負っているから。

正々堂々としているからね。

 

問題はネットなどのツールでネガティブな意見を流すこと。

 

影に隠れて石を投げるような、やり方は間違っているから、いつの時代であっても人道は大切に考えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一足早く春を感じさせてくれる河津桜

 

冬風は冷たくも晴天で外に出かけたくなる二月中旬。

 

寒さの最中、春の訪れを感じさせてくれる河津(かわづ)桜を見に千葉県安房鋸南町佐久間ダムにいきました。(^-^)

 

河津桜は伊豆の河津町に原木があり、河津町では両河川敷に一様に咲き誇る河津桜が圧巻で時期になると綺麗ですよね。(●^o^●)

 

ここ鋸南町河津桜を植え、人々に温かみと心の安らぎを与えてくれます。

 

f:id:TMSEE:20170215211937j:plain

 

ソメイヨシノは卒業式や入学式シーズンに卒業生や新入生の見送りやお迎えをする感慨深い桜として、こよなく愛される花ですが、真冬の最中、一生懸命咲き誇り私たちに春の訪れを予告してくれる河津桜も素敵だと思いませんか?(●^o^●)

 

毎年河津桜の開花を楽しみにしています。(^-^)

 

鋸南町佐久間ダムでは水仙も植えられており、時期になると綺麗ですが、やっぱり一番は河津桜ですね。(^-^)

 

ちなみに鋸南町は鋸山(のこぎりやま)の南に位置しているから鋸南だそうな。(^◇^)

 

鋸山も最近SNSで大仏や頂上の「地獄覗き」と呼ばれる観光名所に注目が集まっているみたいですね。

 

鋸南町に行った際の、ご飯はテレビなどでも取材を受けたことのある「ばんや」という店でおいしい海鮮ものも頂けます(^◇^)

 

春の訪れを感じに河津桜を見に行くのも、楽しいですよ(^-^)

 

でわこれにて失礼します。 良い春を(^-^)

 

 

チャーシュー丼

先日作ったチャーシュー丼をご紹介😄

ご飯の上に千切りキャベツを敷いて、じっくり煮込

んだチャーシューに煮玉子(今回は入れ忘れました

泣) をトッピングしてマヨネーズ七味で食べるとお

いしいですよ☺



f:id:TMSEE:20170212113938j:plain



レシピを紹介します(^○^)



まず豚バラブロックをフライパンで焼き目がつく

まで焼きますが、バラブロックは脂をたくさん含ん

でいるので油は敷かず、ダイレクトに焼き、ジワジ

ワ出てくる余計な脂はカットしちゃいます😏


豚バラブロックを焼いたら、鍋で沸かした湯に酒を

入れ茹でます😄



ここでも余分な脂やアクをカット😃✂✨


酒は匂いを消し肉質を柔らかくするために入れます(^○^)


調味料は醤油、みりん、砂糖を入れます。


煮る際にダシをとるため人参、玉ねぎ、ネギの青い

部分、リンゴ、ニンニクを入れ煮込んでいきます😏

荷崩れしていくので細かく切らずにポンといれちゃ

ってます😄


リンゴの甘さが出るので砂糖は後から整える程度に

入れてます(^○^)


味が整ったら別茹でした、茹で玉子を入れます。

後はじっくり煮込んで、おいしいチャーシューの

出来上がりです😄


残ったタレは野菜や果物から出た、旨味成分が含ま

ってますのでジップロックなどで保存して他の料に

使い回すといいと思います😏

是非お試しあれ(^○^)

救急現場外傷編

今回は救急現場の外傷による事案を自身の体験談から紹介します。

外傷と一口に言えど種別は、一般負傷(階段から転落とか工具を使用中に怪我をしたなど) 、交通、加害など多岐に渡ります。(+_+)

今回は交通事故による多数傷病者発生事案を、ご紹介しますm(__)m

例えば「乗用車同士の衝突事故」などの通報が入電すると指令員は、まず通報者から大事なキーワード誘導します(+_+)

この際に、まずは負傷者数の把握、事故による挟まれや閉じ込め等の有無。危険物の漏洩状況など。

これらの情報を収集し消防力を整えるんです☺


負傷者は7人いるから救急車台数は…

ハンドルと車体が変形して運転手が体幹部を挟まれているから救助工作車による油圧救助器具で救助活動が…

配管の破損によりガソリンが漏洩しているようだから引火による二次災害を防ぐために消防隊による筒先警戒と油吸着マットで危険排除を…


という活動を構築するのです(+_+)

ただ今は事前にマニュアルがあるため、車両選定などは事前に災害規模により定められており、特命出動や現場隊からの増大要請などもありますが、指令がかかった車両は直ちに現場へと出動します。(^^)


そして現場に到着したら
安全管理の徹底
(事故現場の交通整理など警察官と協力活動します)


関係者
(事故の当事者や目撃者、通報者などのキーパーソン(有力な情報者))を見極め状況を、いち早く把握していく事が大切です😃


先着隊は状況を収集し指令センターに状況報告し、指令センターから後着隊へと情報を密にするのです☺


さて規模の大きい災害では活動隊とは別に指揮隊がいるのです(^o^)


指揮隊は各隊の指揮系統を総括することにより全体像を描写します(^○^)


隊が多くなると各々で活動することによりバラバラになってしまうので窓口をつくり指示をもらわねばなりません☺


指揮隊と活動隊の連携が現場活動をスムーズにするんです😏


救急隊も安全が確保されたならば傷病者に取りつぎトリアージ(一人でも多くの人を救うために集団災害における傷病者の搬送優先を決めなければならない)を行い、適切な観察、処置、判断をしていかなければならない(+_+)


JPTEC(主に救急隊向けの病院前救護の外傷マニュアル)やITLS(事故車両の破壊要領マニュアル)やMTLS(多数傷病者対応マニュアル)などのコースを
受講し個々の災害対応力を身につけ、また想定訓練や机上でのシュミレーション訓練などを定期的に実施することで有事に備える事が大切なんです。(^^)

視聴ありがとうございました(^○^)

伊勢神宮にお参り

 

以前伊勢神宮にお参りに行った際の体験談です。

 

三重の伊勢神宮と島根の出雲大社といえば、敷居が高いですよね。(^◇^)

 

出雲大社は、なんでも私たちの近くにある神社の神様は、出雲に集まるそうな(^-^)

 

10月を旧暦で神無月(かみなしづきと書いてかんなづき)といいますが、出雲では神有

月(かみありづき)と呼びます。

 

中には七年に一度、大木に乗り土手の法面(のりめん)を下っていくのが有名な長野県に

 

ある諏訪大社なども神様が動かず、神有月だそうですが(^-^)

 

 

話は戻りますが、伊勢神宮も年始は内閣総理大臣農林水産大臣も参拝するなど由緒あ

る神々しい神社です。

 

  

かの有名な「伊勢参り夫婦岩(めおといわ)で有名な二見興玉神社(ふたみおきたま

じんじゃ) ➡ 外宮 ➡内宮 と参拝するものということですので従いました。(^^♪

 

 

f:id:TMSEE:20170209230300j:plain

 

夫婦岩を鳥居に納めたナイスショット(^^♪

この日は天気も良くいい写真が取れて満足です。

 

 

f:id:TMSEE:20170209230552j:plain

f:id:TMSEE:20170209230616j:plain

 

内宮はやはり神々しさがムンムンします|д゚)

 

 

二拝二拍手一拝の礼節と参道を歩く際は神様が真ん中を通るがゆえ端を歩くというマナーを肝に命じ、参拝をしました(_ _)

 

 

参拝が終えたのち訪れた場所は、すぐ近くにある おかげ横丁です

 

食べ物もおいしく街並みも雰囲気がありとても楽しいです。(^-^)

 

 

f:id:TMSEE:20170209233653j:plain

f:id:TMSEE:20170209233823j:plain

 

おかげ横丁で食べた「伊勢うどん」がおいしかった。(^-^)

 

見た目は醤油の色に圧倒され、濃いというより辛いレベルだろと思わせる、うどんにみえるが食べてみると、とてもおいしい(^^)/

 

後、お勧めは三重県名物、赤福ですね(^^♪ 

 

本店で食しましたが、うまくてうまくて、即お土産に決定(^^)/

 

三重県は初めてでしたが、宿泊は伊勢湾がオーシャンビューで一望できる鳥羽シーサイドホテルに泊まり、ホテルのバイキングはとてもおいしく、お伊勢参りから、おかげ横丁巡りで大満足の旅でした。(^-^)

 

 

救急現場 急病編


今のご時世、時代はアナログからデジタル化が進み

以前は指令通信室からの指令を無線で傍受したり、

通報内容をスピーカーを通じてリアルタイムで覚

知し、地図を開き現場を把握してましたが、今は車

両に搭載のAVM(車両動態装置)といわれる装置が

現場を全面的にバックアップしてくれます😄


この装置はとても便利で現場までのナビゲーション

、指令内容の提示、出動時間や現場到着時間などの

時系列の把握、その他様々な機能を完備しているた

め現場を円滑にサポートしてくれます(^O^)



さて救急症例ですが今回は「突然発症の胸痛」を

自覚する高齢男性が家族を介し救急要請。

結論から話してしまいますが、この手の通報内容で

疑わなければならないのは心筋梗塞です😨


現場に着く前に指令内容から携行資機材を確認し、


時にはPAC(プレアライバルコール)といい、直接出

動救急隊から通報者とコンタクトをとり詳細情報を

聴取することあります(+_+)

心筋梗塞を疑うのであればドクターヘリを要請する

ことだってあります(+_+)

重症事案は救急車のみならず消防車も出ることがあ

るんです(^-^)

f:id:TMSEE:20170206211228j:plain



現場に着くと案内人(家族)が傷病者のところへ案内

に出てくれていました。


傷病者はソファーに座り胸を抑えて痛がっている。

心筋梗塞を、疑ったときに重要な問診は、痛みの性

質(締めつけるような痛みって表現が多いです)や関

連痛(背中や腕~指先にかけてや時には顎に痛みが

波及することもある)持病に狭心症高脂血症や糖

尿病などがないかなどを聴取していく。

発症時間と持続的な痛みか間欠的(痛くなったり和

らいだり波があるかどうか)な痛みか、痛みの持続

時間(数分以内に治まるならば狭心症が疑われるが

20分以上など長時間持続する痛みは心筋梗塞が疑

われる。)を聴取するのも病院連絡時に有力な情報

です。😳


身体所見として冷汗や脂汗などをかいていないか

体幹を触診します。


……まさに上記に記載するような症例(*_*)

胸の真ん中を持続的に痛がり、痛みは30分続いて

いる。痛みは胸のみならず左肩から指先に抜けて痛

がり冷や汗をかいている。


持病で狭心症があり循環器病院からニトロ(血管拡

張薬)を処方されているとの家族からの情報。

心電図はST上昇波形といわれる心筋梗塞を疑うべ

き所見が出現している。



観察の結果、心筋梗塞が疑われるから緊急性が高

い。急がねば。

夕暮れで日没近いかヘリはフライトとできないから

陸送で三次病院へ搬送だ。現場処置は酸素化の指標

となる数値が正常値を下回っているため酸素マスク

で酸素投与だ。



……観察結果に伴い、処置や判断などの活動方針を

遂行していく。(*_*)


病院に搬送するまでは常にバイタル測定(血圧、心

拍数、呼吸など)や心電図に目を凝らし、急変に備

える。



幸い病院までは明らかな変化はなく、病院で緊急手

術(血管の梗塞により壊死を防ぐためにバイパス手

術)をし大事に至らなかった。(^-^)


……良かった。


心筋梗塞は救急隊である以上必ず現場で見破らなけ

ればならない事案である(+_+)


少しでも疑う所見があるのであれば適切な処置や適

切な病院選定をしなければならない。




以上で救急現場での胸痛症例を終わります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^O^)